赤外線サーモグラフィーによる雨漏り調査

東京・埼玉・千葉・横浜のマンションやビルに出張し 90%以上の精度の高い漏水・雨漏り調査・診断をします。お気軽にお問い合わせください。

メールでの問い合わせは24時間

048-487-7125受付:月~金9:00~18:00

赤外線サーモグラフィーによる雨漏り調査

雨漏りにおける『赤外線サーモグラフィー調査』とは

戸建て赤外線サーモグラフィー調査は建物を高感度な赤外線カメラで撮影して、水の侵入箇所と侵入していない箇所の表面温度差を測定し、解析する非破壊方式の雨漏り診断方法です。サーモグラフィーカメラは雨漏り調査などだけなく、建物の診断にも使われ物体の温度を可視化してくれるものですが、特に雨漏りや漏水には効果を発揮します。

赤外線サーモグラフィー調査のメカニズムについて

この調査の原理メカニズムは、雨漏りなどの欠陥箇所は水分を含むため、他の箇所と比べて温度が違う現象が生じます。その温度差を赤外線サーモグラフィでとらえる事で不良部分を特定していくというものです。

例えば外壁や屋根などの建築部材は太陽の当たり具合や気温の変動により熱が生じます。同じ材料で同じ気象条件であれば健全な箇所は表面温度に違いが出ませんが、雨漏りしていて、そこに水分が含まれていれば、裏側に水分があるので温度が低く表示され異常個所を検知できるのです。しかしこの診断方法では水分を含んでいる状態でなければ、温度は低く表示されないので検知できず、また温度が低くなっている箇所は確かに不良箇所の可能性が高いのですが、必ずしも雨水の浸入位置と断定することはできないのです。そのめ水の浸入位置を探し出すの手がかり探しとしては非常に有効なですが、あくまでも他のテストと併用することで、より精度が上がるということで考えた方がいいかのしれません。

また気温や場所、建材の部材によっても赤外線サーモフィーカメラの『向き』『不向き』があるので状況によって使い分けていった方がいいといえます。

メリットとデメリット

メリット

  • 非破壊調査なため建物を傷つけない

デメリット

  • 温度差の調査のため雨が降った直後もしくは散水などで水を濡らした状況でしか調査できない
  • 赤外線のだけで侵入位置まで正確に突き止めるのは困難な場合がある、散水調査と併用
  • コストが高い

金属屋根

当社の調査方法について

当社の場合はスマートフォン・タブレットを赤外線カメラに変える画期的な製品 「赤外線サーモグラフィカメラ FLIR ONE Pro」を導入。革新的なVividIR™熱画像処理により、より詳細な温度変化をとらえることができるため、精度の高い雨漏り調査が可能です。

お見積り・費用について